ブロカートフィルハーモニー管弦楽団公式Webサイトへようこそ。ブロカートフィルハーモニー管弦楽団は東京都内で活動するアマチュアオーケストラです。

 
 
演奏会の動画公開
ブロカートフィルでは演奏会の動画をYouTubeで公開しています。
YouTube ブロカートフィルハーモニー管弦楽団動画一覧
 
演奏会のお知らせ
 
 
*ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 第43回定期演奏会 創立30周年記念演奏会その2

2019年10月14日(月祝) 午後1時30分開演
すみだトリフォニーホール 大ホール

指揮 吉川 武典
ヴァイオリン独奏 白井 篤

ベートーヴェン 「プロメテウスの創造物」序曲
ブラームス ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
チャイコフスキー バレエ音楽「白鳥の湖」から



チラシはクリックすると拡大表示します。
チラシ画像をプリントして当日お持ちいただいた方には、前売り料金で当日券を販売いたします。

 

演奏会の聴きどころ
 今年はブロカートフィルハーモニー管弦楽団の創立から30年という節目の年となる。4月に行われた記念演奏会第一弾では、モーツァルトの交響曲第31番とマーラーの交響曲第1番を取りあげた。そして第二弾では、いつも親身になって我がオーケストラをご指導くださるNHK交響楽団の白井篤先生をソリストに迎え、ブラームスのヴァイオリン協奏曲をお届けする。白井先生から演奏会へ向けてのメッセージをいただいた。「第2楽章冒頭のオーボエソロを聴いたら泣いちゃうかも、と思うくらい好き。名ヴァイオリニストのサラサーテは“オーボエがあんなに美しいメロディを奏でて聴衆を魅了しているのを、自分はただ楽器を持って見ているのは我慢ならない”と言ったそうですが、そのあとに続くヴァイオリンソロの美しさは冒頭のオーボエソロがあってこそ、だと思っています。また、ほかの楽章でもソロヴァイオリン以上にオーケストラが重要な役割を担っていて、文字通り、オーケストラとソリストが協奏する曲です。ブロカートのみなさん、そしてマエストロ・ヨシカワ、共演楽しみにしています」。
 オープニングにはベートーヴェンの「プロメテウス」序曲、後半はチャイコフスキーの「白鳥の湖」と名曲中の名曲を取り揃えた。「白鳥の湖」は、演奏機会の多い組曲版ではなく、全幕の中から選りすぐった曲をたっぷりお楽しみいただく。
 

 


 

このサイトはフレームで構成されております。画面左端にメニューが表示されない場合は、下記リンクよりTopページへお越しください。
ブロカートフィルハーモニー管弦楽団 http://www.brokat.jp/